会社案内

沿革

江戸時代、文化元年(1804年)より、浅野藩政興隆の城下町であった現在の広島市中区金座街地点で、八百金の歴史が始まりました。一説には、文化元年以前に、和歌山の地より広島へ移転したとも言い伝えられています。
その頃は、広島城下の台所を支える商人として、また大名に仕える御用商人として、穀物や乾物海産物等の食料品や、薪や雑貨等の日用品を販売していました。

その後、明治・大正・昭和の時代を通じて広島の食料品供給の一役を担い、幾多の変遷を経て、現在の広島市中区本通を営業拠点とし事業に励んでおります。

これからも、八百金は堅実経営はもとより、「人のため」を基本理念に、こだわり商品を提供してまいります。

会社概要

名称 株式会社 八百金
所在地 〒734-0007
広島県広島市南区皆実町四丁目12-23
創業 文化元年(1804年)
設立年月日 昭和38年10月1日
資本金 2,000万円
代表者 代表取締役 中野 伸彦
事業内容 ・農水産乾物、こだわり食品の卸売業
・自社ブランド商品開発、加工、販売業
・不動産業(ビル賃貸業)
取引銀行
金融機関
広島銀行、三菱UFJ銀行
商工中金、広島信用金庫
加入団体 広島商工会議所、しまね県産品販売パートナー店
広島県観光土産品協議会

沿革

文化元年(1804年) 江戸・浅野藩政時代~明治~大正~昭和初期 (個人経営)
屋号「八百金」にて運営
昭和14年(1939年) 合名会社 八百金中野商店設立
昭和38年(1963年) 株式会社 八百金設立
昭和45年(1970年) 広島市南区翠町に卸部本店配送センター建設し、
卸業務を広島市中区本通本社より移転
本通店は、食品小売直営店に特化
昭和55年(1980年) 代表取締役社長に、中野伸彦就任
平成元年(1989年) 不動産管理会社、合名会社 八百金中野商店と合併
賃貸ビル併営
平成5年(1993年) 広島市中区本通に賃貸ビルを建設、併営
平成7年(1995年) 道路拡張工事に伴い、広島市南区皆実町に卸部本店配送センターを新築移転
平成13年(2001年) 広島市南区皆実町に賃貸ビル併営
平成16年(2004年) 創業200周年
PAGE TOP